中性脂肪が生活習慣病を引き起こす|下げる方法をマスターしよう

飲料

健康的な毎日をいつまでも

お茶

中性脂肪を下げるためには栄養バランスの取れた規則正しい食生活を心がけることが大切です。また、ご飯を食べる時によく噛むようにすることも、早食いを防いで満腹中枢を刺激することができるため、中性脂肪を下げるためには効果的です。

この記事を読む

健康診断で指摘された

ふともも

中性脂肪は食べ過ぎや運動不足などで余ってしまった脂質のことで、ある程度の量は生活に必要ですが、多すぎると動脈硬化や心筋梗塞を引き起こします。食事の糖質制限やDHAとEPAの摂取、1回20分程度の有酸素運動を週に3回以上行えば中性脂肪の数値を下げることができます。

この記事を読む

怖い生活習慣病

ウーマン

生活習慣病のリスクを伴う

中性脂肪が高くなると、生活習慣病にかかりやすくなってしまいます。狭心症、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こす要因となるので、早めの改善が重要です。一般的に肥満や運動不足、過度の飲酒や食事などを行っている人は、中性脂肪が高くなりやすいようです。若いころの食生活をそのまま続けていると、中年以降になって中性脂肪がたかくなってしまい、生活習慣病のリスクが高くなってしまいます。健康診断などで中性脂肪の値が高い場合は、毎日の生活習慣や食生活を見直すことが必要です。また、中性脂肪を下げるために健康食品などを利用するのも一つの方法です。中性脂肪を下げるためには、今までの生活を変えていくためにも、意識改革から始めていくことが必要です。

食事や運動で改善していく

中性脂肪を下げる食事としては、塩分や糖分、脂質などを抑える必要があります。濃い味が好きな人は、香辛料や酸味などを上手く利用して、塩分や糖分濃度を変えていくようにしましょう。また、運動不足になると脂肪が増えて肥満体質になってしまいます。毎日の生活の中に運動する時間を取り入れて、継続して行うことが大切です。ウォーキングやジョギング、サイクリングやスイミングなどの有酸素運動が効果的です。長く運動を続けることで、徐々に中性脂肪を下げるようにしていきましょう。運動や食事の習慣が変わると、身体も変わってきて健康体になっていきます。忙しさを理由に不規則な生活を続けていた人も、生活習慣病になる前に改善していくことが大切です。

運動よりも食事制限

体

中性脂肪の数値を下げるために毎日の運動が必要なのはわかるのですが、仕事が忙しいなどでなかなか時間が取れません。そこで、食事の量を減らすために食前に繊維質の物を食べる工夫をしたり、食事の内容から脂質の含まれるものを排除する努力をしましょう。

この記事を読む